トレンドトピック

回復力のある、より安全な世界を構築する

今日のサイバーセキュリティと犯罪捜査の課題を理解し、克服する

レポートを読む

情報の利点

オンラインであれストリートであれ、ひとつだけ確かなことは、犯罪は増加の一途をたどっているということです。 そして、昨日の道具では今日の犯罪者には勝てません。

現代の世界はハイパーデジタルであり、サイバー脅威、攻撃、および悪用の機会が増えています。 オンプレミス、クラウド、およびモバイルデバイスでは、メソッドはますます高度になり、検出が困難になっています。  

サイバーレジリエンスを開発し、より安全な世界を構築するために、組織は革新的な新しいツール、サイバー脅威インテリジェンス、および単一の情報源のデータの真実を見つける機能を必要としています。  

より安全で回復力のある世界を実現する

現在のサイバーセキュリティのニーズと新たなリスクに対処するためのツールとリソースを使用して、悪意のある人物から制御を取り戻します。 

  • 脅威を数分でキャッチ

    サイバー脅威はビジネスシステムに200日5以上存在する可能性があります、企業、その顧客、およびその評判に計り知れない損害を与える。 継続的な脅威のハンティングと監視を活用して、脅威を数分でキャッチし、エスカレートする前に管理します。

  • 攻撃対象領域を保護する

    リモートワークへのピボットは拡大しています。 その結果、新しい攻撃対象領域が生まれ、新しいランサムウェア、国が後援するハッキングが横行し、違法な素材のオンラインマーケットプレイスが成熟します。 デジタルアタックサーフェス全体の盲点を防ぎ、保護することで、情報セキュリティを確保します。 

  • 災害の影響を最小限に抑える

    脅威のベクトルが進化しているため、悪意ある行為者は一度だけ運が良ければ防御を突破することができます。 つまり、予防と保護に加えて、組織が計画外の災害が発生した場合のビジネスの中断を最小限に抑える計画を立てることも同様に重要です。 最も価値のあるビジネス資産であるデータを保護することにより、迅速に回復し、ビジネスリスクを軽減します。 

  • より安全な世界を実現する

    法執行官は、子供の搾取などの犯罪の急増に苦しんでおり、証拠のために調査されたデジタルデバイスの数も増えています。 作業負荷はより重くなっていますが、リソースは一定に保たれています。証拠品の画像化、トリアージ、収集、分析、レポート作成に徹底した防御機能を活用し、事件の早期解決につなげましょう。

法執行機関でデジタルフォレンジックを変革する方法を学ぶ

セキュリティのサクセスストーリー

サイバーセキュリティと犯罪捜査の課題を他の先進的な組織がどのように克服したかをご覧ください

バナーヘルスロゴ

Banner Healthは、情報の発見とセキュリティに変革

さらに詳しく
ダラス市のロゴ

テキサス州市政府が情報発見を加速

さらに詳しく
ALERTロゴ

アルバータ州法執行部門が事件処理の効率を大幅に改善

さらに詳しく
DataExpertロゴ

情報セキュリティ会社は、法執行機関がデジタルフォレンジック証拠の収集・分析を支援

さらに詳しく
カーボナイトのロゴ

Carboniteの顧客は顧客はサイバーレジリエンスを獲得

さらに詳しく
NerdsonSiteのロゴ

MSPはランサムウェアの回復時間をスライスし、階層化されたセキュリティで収益を向上させます

さらに詳しく

より安全な世界を実現するためのより多くの方法

ご用件をお聞かせください。

[1]ピュー研究所、 コロナウイルスの発生がアメリカ人の働き方をどのように変えたか、そして変えなかったか、2020年12月
[2]サイバーセキュリティインサイダー、 インサイダー脅威レポート
[3] 2018ISACA、 サイバーセキュリティの状態2021
[4]全米行方不明・搾取児童センター、 サイバーチップライン2021レポート、2022年3月
[5] SANS、インシデントレスポンス(IR)調査:変化の時です、2019年8月