ソリューション

デジタルフォレンジックとインシデント対応

サイバーインシデントをフォレンジックな精度で特定、抑制、修復、回復します

お問い合わせ
デジタルフォレンジックを実施するラップトップを持つ男。

概要

職場のインシデント対応チームのメンバー。

攻撃者は数分以内にネットワークの内部を横断できます。 インシデント対応チームは、侵入元、影響を受けるすべてのシステム、および根本原因を迅速に特定し、すべての証拠を保存する必要があります。 インシデント対応ワークフローは、チームが潜在的な損害を最小限に抑え、データ侵害を防ぐために重要です。

Digital Forensics and Incident Response(DFIR)ソリューションは、企業が様々なデータソースから証拠を効率的に収集、分析、報告し、インシデントレスポンス調査を合理化することを可能にします。

主なメリット

ビジネスにインパクトを与え、より良い結果を出す。

  • プロアクティブな脅威の探索

    機能とワークフローを活用して、侵入を積極的に探し、検出をコンテキスト化し、範囲と影響を完全に理解します。

  • トリアージの高速化

    DFIR アーティファクトのトリアージを加速するために設計されたワークフローにより、セキュリティ侵害の全範囲、影響、性質を迅速に理解することができます。

  • 根本原因の特定

    関連するフォレンジックアーティファクトを可視化して、インシデントの根本原因とタイムラインを理解します。

  • 感染したシステムの隔離と修復

    脅威を封じ込め、影響を受けるシステムをネットワークから隔離し、悪意のあるまたは無許可のバイナリ、プロセス、およびレジストリキーをリモートで根絶します。

ビジネスへの影響

  • 脅威の修復

    インシデント対応者は、潜在的な被害を軽減するために、攻撃から数分以内に行動する必要があります。従来のセキュリティ・ソリューションは事後対応型であり、根本原因の特定やコンテキストを提供することはできません。高度なワークフローを活用することで、迅速な修復を実現します。

  • メモリ分析

    インシデントレスポンスチームは、インシデント発生時のマシンの状態を完全に把握するために、メモリを解析する必要があります。レガシーシステムではメモリを取得できないため、重要なデジタル証拠が失われる可能性があります。メモリーの取得と解析により、レスポンスの向上が期待できます。

  • フォレンジック調査

    インシデントが発生した場合、DFIRチームは、さまざまなソースからの大量のデータを法的に分析する必要があります。 手動のデータ検査は、損傷を軽減するために費やされる可能性のある貴重な時間を消費します。 分析を合理化して修復を加速します。

  • 事業継続性

    影響を受けたシステムは、通常、オンラインに戻す前にワイプし、再イメージ化する必要があります。このプロセスは、決済処理などの重要なビジネス機能を遅らせたり、中断させたりする可能性があります。ターゲットを絞った修復を行うことで、混乱が解消されます。

リーダーはOpenTextを信頼しています

顧客がデジタルフォレンジックおよびインシデントレスポンスソリューションでどのように成功しているかをご覧ください。

その他の成功事例を見る

Banner Health、OpenText EnCaseソリューションで情報の発見とセキュリティに変革をもたらす

さらに詳しく

デジタルディスカバリーは、フォレンジック調査技術でデータに隠された事実を発見する

さらに詳しく

ソリューションの中身

製品情報

デジタルフォレンジックとインシデントレスポンスの課題をOpenTextで解決します。

プロフェッショナルサービス

OpenText コンサルティングサービスは、エンドツーエンドのソリューション実装と包括的なテクノロジーサービスを組み合わせて、システムの改善を支援します。

トレーニング

OpenText ラーニングサービスは、知識とスキルを加速するための包括的な有効化プロセスおよび学習プログラムを提供します。

デジタルフォレンジックとインシデント対応のリソース

OpenText セキュリティ脅威アラート

ブログを読む

OpenText セキュリティ製品

ブログを読む

Digital Forensics&Incident Response(DFIR)

概要を読む

企業がEnCaseを使用して内部調査を実施する方法を学ぶ

ビデオを見る

ご用件をお聞かせください。