トレンドトピック

サプライチェーンをデジタル化する

適応性のあるデジタルサプライチェーンとより回復力のあるビジネスに俊敏性と柔軟性を追加します

IDC InfoBriefを読む

デジタルサプライチェーンの情報優位性

職場で自分のラップトップをチェックしている女性。

最近の世界的な出来事により、デジタル・サプライチェーンの混乱は新たなレベルに達し、ビジネスとオペレーションに対する可視性の欠如が浮き彫りになっています。このような混乱に直面し、企業は需要予測、供給予測、納期遵守ができないまま放置されることになりました。

あらゆる規模の組織は、サプライチェーンをデジタル化して、柔軟性、敏捷性、およびすべてのトレーディングパートナの活動に対するサプライチェーンの可視性を高めるために、変革イニシアチブをスピードアップする必要があります。

最新の統合、自動化、安全で接続されたエコシステムを通じてサプライチェーンをデジタル化することで、大きな混乱に直面しても、情報の流れを簡単に管理し、事業を継続するための洞察を明らかにすることができます。

サプライチェーンをデジタル化する

サプライチェーンをデジタル化することで、サプライチェーン情報へのアクセスの柔軟性が高まり、デジタルエコシステム全体の主要な利害関係者とのコラボレーションが向上し、エンドツーエンドの可視性により、ビジネス上のメリットが向上し、現在のビジネスニーズと新たなリスクに対応する効率的なB2Bオペレーションが実現します。

  • 現代の統合

    あらゆる規模の企業が今日の世界で同様の課題に直面しており、世界中の顧客や取引先とつながりを持っています。 最新のサプライチェーン統合により、すべての組織が適切な人材、プロセス、テクノロジーをデジタルビジネスエコシステムにシームレスに統合できます。

  • サプライチェーンの自動化

    かつては線形だったサプライチェーンを複雑な相互接続されたサプライエコシステムに手動で接続するのは時間がかかり、多くの場合、ビジネスの成長分野からリソースを引き出します。 サプライチェーンの自動化により、デジタル化され、最適化され、統合されたネットワークが作成され、効率と生産性が向上します。

  • 安全で接続されたエコシステム

    センサーからクラウド、ビジネスシステム、そしてその逆に渡される膨大な量の情報は、適切に管理されていない場合、組織をセキュリティ違反にさらします。 サプライチェーンエコシステムを安全なアクセスポイントに接続し、資格を取得することで、違反を防ぎながら、出荷を最初から最後までシームレスに追跡します。

IDGMarketPulseを読む

デジタルサプライチェーンマスター

他の主要な組織が成功のためにサプライチェーンをデジタル化した方法を学びましょう。

マトソンのロゴ

MatsonLogisticsは輸送ネットワークを一新

さらに詳しく
コーポラティブフードのロゴ

Co-operative Foodはビジネスを変革し、大量のサプライヤーからの請求書を管理

さらに詳しく
アルセロールミッタルのロゴ

世界有数の鉄鋼メーカーがオープンテキストを活用し、グローバルなB2B eコマースを管理

さらに詳しく

サプライチェーンのデジタル化に向けたリソースの充実

ご用件をお聞かせください。