ソリューション

情報ガバナンス

ライフサイクル全体を通じてコン​​テンツを検索、分類、管理、保護します

概要

従業員が情報をコラボレーション、共有、管理する方法は、完全に変化しています。 ハイブリッド ワークはコンテンツの無秩序な広がりを悪化させ、制御されていないコラボレーション プラットフォーム、進化するグローバルな規制、複雑なプライバシー要件、増大する脅威がセキュリティと規制コンプライアンスのリスクを生み出しています。

インテリジェントな情報管理は、生産性とコンプライアンスを日常のコラボレーションに組み込み、情報セキュリティを保護しながらリスクを軽減するのに役立ちます。

情報ガバナンスソリューションは、ポリシー主導の自動化と統合を提供し、組織がコンプライアンス、安全性、生産性を維持できるようにします。

主なメリット

ビジネスにインパクトを与え、より良い結果を出す。

  • コンテンツの無秩序な増加を制御する

    安全でコンプライアンスに準拠したハイブリッド ワークをサポートするために、さまざまなコラボレーションおよびコミュニケーション プラットフォームにわたってコンテンツを整理します。

  • 大量のコンテンツをインテリジェントに分類する

    インテリジェントな自動化と標準化されたポリシー ルールを展開して、コンテンツを分類し、プライバシー リスクや場違いなアイテムを特定して、それらを安全なコンテンツ サービスにルーティングします。

  • 情報セキュリティを強化する

    積極的なポリシーとプロセス主導の情報保護を実施しながら、さまざまな規制およびビジネス要因に従って情報を保護します。

  • クラウドへの移行の準備

    レガシーコンテンツを分類し、クラウド移行アプローチを最適化して、規制コンプライアンスを尊重しながらユーザーの生産性を維持します。

  • コンテンツリスクへの取り組み

    データ ソースを監視して、潜在的に不適切で有害なコンテンツ、または注意が必要な機密データを監視し、事前にリスクを軽減するための措置を講じます。

ビジネスへの影響

  • コンテンツ管理

    急速に変化する規制は、企業がコンプライアンスを維持するために常に適応しなければならないことを意味します。 切断されたシステムは、コラボレーションと生産性を妨げる制御されていないサイロにつながります。 重要なシステムを統合して、情報ガバナンスを合理化します。

  • レガシーコンテンツの修復

    過去のファイル共有など、大量のレガシー コンテンツには、危険な古いファイルが含まれている可能性があります。 何を保持して保護するかを手動で確認するのは難しく、時間がかかります。 記録保持を自動化してリスクを軽減します。

  • コンテンツのセキュリティ

    組織は、スタッフがコンテンツにアクセスできるようにする必要があります。 しかし、コンテンツは貴重なリソースであり、スタッフがアクセスしやすくすると、不適切な情報共有につながる可能性があります。 ポリシー主導の役割ベースのアクセスを実装して、露出を減らします。

  • ホールドと発見

    訴訟では、法的拘束や証拠開示に迅速に対応することが求められます。コンテンツへのアクセスや処分を監査する機能がなければ、弁護のしようがありません。テクノロジー支援のコンテンツレビューを活用します。

リーダーはOpenTextを信頼しています

お客様がどのように情報ガバナンスを成功させているかをご覧ください。

その他の成功事例を見る

Pacific Life、俊敏性、ビジネス目標、クラウドファーストモデルに焦点を当てた協調的なアプローチを確立

さらに詳しく

PJMインターコネクション、ECMの姿勢を強化

さらに詳しく

ATCO Australia、マネージド・サービス・ソリューションでクラウド戦略を強化

さらに詳しく

ソリューションの中身

製品情報

OpenText は、インフォメーションガバナンスをサポートするための製品を取り揃えています。

プロフェッショナルサービス

OpenText コンサルティングサービスは、エンドツーエンドのソリューション実装と包括的なテクノロジーサービスを組み合わせて、システムの改善を支援します。

情報ガバナンスリソース

情報ガバナンスがIT予算の削減にどのように役立つか

ブログを読む

コンプライアンスを情報ガバナンス戦略の一部にする

ブログを読む

レコード管理–情報コンプライアンスの鍵

ブログを読む

ご用件をお聞かせください。