ソリューション

取引先コミュニティ管理

サプライヤーのオンボーディング、コミュニケーション、コラボレーションの改善

電子ブックを読む
トレーディングパートナが握手

概要

契約を確認するトレーディングパートナ

多くの企業では、サプライヤーの管理・収集を手作業で行っており、オンボーディングや新規パートナーの登録に時間がかかっています。多くの場合、手作業は不正確な情報や重複入力、古いデータの原因となり、コミュニケーションの妨げとなり、潜在的な規制リスクを生み出します。

トレーディングパートナコミュニティ管理は、すべての内部スタッフのパートナー情報を一元化し、外部パートナーにプロファイルを更新するためのセルフサービスアクセスを提供し、ワークロードを削減し、一貫性のある正確なパートナーデータへの継続的なアクセスを保証します。

主なメリット

ビジネスにインパクトを与え、より良い結果を出す。

  • グローバルパートナー管理の効率化

    単一の全社的なグローバルパートナー管理アプリケーション内ですべてのサプライヤーデータを収集および維持します。

  • ワークロードを削減

    内部および外部の利害関係者に制御されたアクセスおよびセルフサービス機能を提供して、必要に応じて情報を表示または更新できるようにします。 

  • コンプライアンスと透明性を高める

    主要関係者がパートナーコミュニティ管理にアクセスすることで、パフォーマンスの可視化と、コンプライアンス、透明性、サステナビリティの取り組みに関するコラボレーションを促進することができます。  

  • パートナー関係を改善する

    トレーディングコミュニティ全体と瞬時にコミュニケーションし、個々の反応を記録することで、関係を強化することができます。

  • 取引先へのオンボーディングの自動化

    自動登録プロセスにより、新しいパートナーの登録とオンボーディング時間を最小限に抑えます。 

ビジネスへの影響

  • 取引先データ管理

    取引先を手動で管理すると、情報を最新の状態に保つために何度も電話やメールをする必要があります。取引先が自らプロフィールを確認・更新できるよう、アクセス権を管理します。

  • パートナーオンボーディング

    サプライチェーンが寸断された場合、企業は迅速に代替サプライヤーにピボットする必要があります。登録とオンボーディングプロセスを自動化することで、新規取引を迅速に行い、収益までの時間を短縮することができます。  

  • ビジネスリスクとオペレーショナルリスク

    米国税務当局へのベンダー収益の報告は複雑なプロセスであり、誤ったデータを使用した場合には重大な規制リスクが生じます。一元化されたグローバルパートナーネットワークを活用することで、正確で最新のコンプライアンス情報に容易にアクセスできるようになります。

  • パートナーコミュニケーション

    取引先との大量コミュニケーションには、複数のシステムや一貫性のないデータが含まれることが多く、時間の無駄と効果の低下を招きます。取引先全体に大量のメッセージを瞬時に送信し、単一のプラットフォームで応答を追跡することができます。

リーダーはOpenTextを信頼しています

取引先コミュニティ管理で成功しているお客様の事例をご覧ください。

その他の成功事例を見る
オーエンスとマイナーのロゴ

OpenText Active Communityを使用して、サプライヤーとの関係を改善し、サプライヤーのオンボーディングサイクルタイムを短縮しました。

さらに詳しく

ソリューションの中身

製品情報

取引先コミュニティ管理の課題をOpenTextで解決。

プロフェッショナルサービス

OpenText コンサルティングサービスは、エンドツーエンドのソリューション実装と包括的なテクノロジーサービスを組み合わせて、システムの改善を支援します。

取引先コミュニティ管理リソース

トレーディングパートナのオンボーディングに「エクスプレスレーン」アプローチを活用するブログを読む

ブログを読む

サプライチェーンの将来性

ブログを読む

サプライチェーンの回復力とは何ですか?

ブログを読む

サプライチェーン統合サービスを切り替える人への公開書簡

ブログを読む

ご用件をお聞かせください。